レスポンシブな時代のタグ使用の注意点

タグを使う上での注意点をあげておきます。
携帯サイトでは、ファイルサイズの制限や使用可能なタグが限られています。 しかも対応するタグの種類や制限、 javaScript (サイトに動きや 対話性を付加するプログラム言語)やCSS (サイトの視覚的構造を定義する規格)の実装の可否は、各キャリア・機種ごとにまちまちです。自分のサイトで使用しているタグが各社のサイトにある「公式技術情報」に公開されているタグと合致していない場合、その内容がサイト表示に反映されません。したがって本来は、 SEO対策もキャリアによって変える必要があるのです。 とはいえ、ドコモ、 au 、ソフトバンクのすべてに対応するサイ
トを作る方法がないわけではありません。答えは簡単です。ドコモ対応のタグだけを使えばいいのです。というのも、ドコモに対応し ておけば、 au やソフトバンクでもそれ相応に表示されるからです。 もちろん、 3キャリアのそれぞれに対応するサイトを構築するのも一つの手ですが、ソースのメンテナンスに手聞がかかり、肝心のサイトの中味がおざなりになってしまっては本末転倒です。

コメントは受け付けていません。