3種類の検索意図

検索サイト大手のGoogleにて検索しようとする目的には、いろいろと考えられるでしょう。SEO(検索エンジン最適化)対策にとって、検索目的言い換えれば検索意図を想定するのは重要な事柄と言えます。このような検索意図として、通常挙げられるものが3種類あると言われています。一つが「案内型」、二つめに「情報収集型」、三つ目が「行動型」と言われています。それぞれについて、入力として予想されるキーワードも例に挙げて説明したいと思います。まずは、案内型ですが、これは特定Webサイト閲覧を意図したもので、検索キーワードとしては「Yahoo!」、「Twitter」、「横浜駅」などがこれにあたります。次に情報収集型は、言葉の通り情報を収集する目的で検索されるもので、例として「仙台 天気」「名古屋 時刻表」など挙げればきりがないと思えるほど多岐にわたるものが想定できそうです。最後の行動型も同様でしょう。敢えて例を挙げるとすれば、「ダイエット 方法」「車 見積り」「東京 マンション」「求人 アルバイト」等々こちらもいろいろ挙げることができそうです。以上検索意図を分類分けできますが、コンパージョン率を上げていくために、行動型をベースにWebサイトを構築していくのが基本とよく言われています。情報収集型のようなページを作りリンク先に行動型のWebサイトへ紐づけていくことで潜在的顧客獲得にも繋がるという効果も見込めます。また、運営サイトのプランディング化が達成できれば案内型のような直接検索へと連関していく可能性も出てくるかもしれません。

コメントは受け付けていません。