ディープラーニングって何?

「人工知能(AI)って何?」 とか、「ディープラーニングって何?」とよく聞かれますが、鉄腕アトムのような賢いロボッ卜の誕生を夢見るマンガの世界や、AIのプログラムがチェスの世界チャンピオン、将棋の名人、囲碁の世界最強棋士を次々に撃ち破ってきた、という話題性から一般の人が言うなら仕方ありませんが、少なくともビジネスの世界に生きている企業家なら、もうそんなことを言っている時代は過ぎました。あのGoogle関係者が、「ディープラーニングは、もはや枯れた技術だ」と公言していると言います。今は、企業が導入するかどうかで迷う時代ではなく、少なくとも「どう活用していくか具体的の検討しなければ」という時代に入っていることではないでしょうか?百歩譲って大企業は、技術のライフサイクルは異常に早く、一般企業にそのまま適用できないと反論できるかもしれませんが、実際のところそういった大企業は、既にAIを製品やサービス、あるいは社内の業務革新のために、当たり前のように使っているというのが、偽らざる現実です。一部の大企業でなくとも、「AIを当たり前に使うフェーズに入った」と考えるのが自然に思える時代に突入していると強く感じ、実際にディープラーニングをベースとした製品、サービスがかなり市場に出回ってきているという現実を直視すべきです。

コメントは受け付けていません。