スパム判定を受けないために

•リンクファーム型スパムの変化
リンクファーム型スパムは、低い点数のウェブページから大量の被リンクを受けているスパムです。 Google行列のカップリング係数(α)の値を1に近付けると、その大量の被リンクのページランクが急激に減少するので、被リンクを受けているウェブページのページランクも同様に下がり、ページランクが大幅に変化します。

•ウェプリング型スパムの変化
ウェブリング型スパムは、閉ざされたリンク構造です。現在のカップリング係数(α) はハイパーリンク行列に0. 85配分されているため、そもそもページラ
ンクは高く評価されています。そこで、Googleのカップリング係数 (α) の値を1こ近付けると、さらにその評価は高くなり、ページランクが大幅に変化します。

•スパム判定を避けるために
Google はカップリング係数(α) の数値を変えるだけで、不自然なページランクを持ったウェブページを発見することができます。この一連の作業は、システムに任せておけば人が介在する必要はありません。
私たちがこのスパム判定を避けるためには、カップリング係数(α) が変化しても、急激に数値が変化しないリンク構造を目指せばよいのです。具体的には、ページランクの低いウェブページから「大量」の被リンクを「特定のページ(トップページなど)」に集中させないことや、自社のウェブサイトから外部のサイトにリンクを適度に行う、ページランクの高いウェブページから被リンクを受ける、などが有効です。
リンク構造も現実の社会と同じと考え、他のウェブサイトとの交流(リンク交換)を適切に行うことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です