箇条書きを使ってみよう!

以下の文章をご覧ください。

検索エンジンのアルゴリズム(考え方)で、状況が一変するSEO。私流の対策は多様化です。
なぜ、数億年(?)もの問、生物が生き残っているのかというと、それは多様化しているためです。例えば、寒さに弱い生き物だけだと、気温が下がれば絶滅しますが、その中に寒さに強い生き物がいれば、気温が下がっても、寒さに強い生き物が生き残りますよね。このように生物は多様化しているので、環境が変化しても生き残っているわけです。
それと同じです。サイトを多様化させれば(つまり色々なSEOを組み込んだサイトを作るということ)、検索エンジンのアルゴリズムが変わっても、どれかが生き残るわけです。その生き残ったサ
イトを見て、その辺のサイトを増強させれば対応できるわけです。つまり多様化が最強のSEOだと思うわけです。

<まとめ>

・検索エンジンのアルゴリズムは頻繁に変わる
・サイトを多様化させれば、アルゴリズムが変化しても、どれかが
生き残る
・生き残ったサイトを増加させれば対応できる
・SEOには多様化が重要

どうでしょうか?最後にまとめの文を加えただけでずいぶん分かり易くなった気がしませんか?

箇条書きの部分を見ると、文にどのようなことが書かれている
のかわかります。
これと同じように、検索エンジンは箇条書きされている部分を重要視する時もあります。記事を書く時には、キーワードを含んだポイントを箇条書きにしておくことをお薦めします。

では箇条書きにするには、どうすればいいのでしょうか? 単に手作業で箇条書きにしても、あまり SEOの効果は見込めません。検索エンジンにアピールするためには、箇条書き専用の「liタグ」を使いましょう。liタグを使うことで検索エンジンにそこに箇条書きであることを知らせることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です