ロングテール理論

ロングテール理論とは、米の編集長だったク リス ・アンダーソン氏が提唱した理論です。一般的にマーケテイングなどの分野では、売上げ上位2割の合計が全体の8割を占めるといわれます。 例えば、 2割の社員が8割働く、 2割の顧客から8割の売上げといっ た具合です。そうなると、 小売店のように商品棚や在庫を置く倉庫などの制約を受けるビジネスにおいては、売れ筋の20% を集めて、その他 (80%) の売上げが見込めない商品は取り扱わないといった事態が起こります。
しかし、アマゾンなどのオンライン小売店は、商品棚に制約が なく、在庫や物流コストも従来の企業と比較して抑えられること から、その他の80%の商品を扱い、多品種少量販売で利益を上げ ることが可能です。特に検索エンジンの存在によってユーザーは、ニッチな商品でも直接探しだそうとする行動をとるため、 当該商品のウェブページを用意することでビジネスを成立させるこ とができるのです。
ユー ザーが検索するキーワードは多数。例えはEコマースならメーカー 商品名、ブランド、型番、商品カ テコリー etc と多岐にわたり、商品点数分だけのワードが存在します。