キーワードの選び方

さて、 SEO対策をおこなう上でもし検索数が多い一般キーワー ドのみを狙った場合、確かに検索順位をあげることで相当のトラフイックを見込むことができるでしょう 。 しかし 同時に、 Bゾーン、 Cゾーンの同じにようにあなたの扱う商材に興 味があるユーザーを失うことになります。B、Cは検索数自体はl つ1つが多くないかもしれませんが、束ねればAゾーンに匹敵、あ るいはそれ以上の トラフイックになるはずですし、また 、B、Cゾ ー ンのキーワードがユニークであるということはユーザーの検索 コンパージョン率(成果につながる確率)は意 図も明確であり、 高い可能性があります。
消費者の購買ステ ージによって 検索キーワードは変わります し、同様に l つ1つのキーワードが消費者の消費行動に沿って線でつないだ時、成果に間接的に貢献し ている場合もあります。単純に検索数という角度で考えても、検索数が少ないけれども検索意図が明確なユーザーのトラフィックを 集めることで、サイトの集客力そのものを高めることができます。ロングテ ール理論の観点からも、 集客を効率的におこなうには 幅広い検索キーワードに対ー応することが望ましいといえます。